『きょうと・人・まち・であいもん』
番組ブログ第3弾!


〜2009年11月の番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧ください
☆ http://kyoto-hitomachi.seesaa.net/

〜2012年12月の番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧ください
☆ http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/

2013年06月30日

2013年6月29日放送 三条特集

「中華をオシャレに」

ゲスト:三条柳馬場東 チャイナカフェ柳華 代表
    于 敦彦さん

u.jpg 店の前のオープンスペースには、柳と竹が植わっていてテラス席もあります。柳馬場通には昔は柳の並木があったと聞いています。京都の町には柳が多いですが、中国にも柳の名所がたくさんあります。
 チャイナカフェとは、従来の中華料理店のイメージではなくて、カフェダイニングのように気軽でオシャレに楽しんで頂けるよう、女性同士やカップルでも入りやすいお店づくりをしています。ランチ・カフェ・ディナー、さまざまにご利用ください。
 お料理は女性にも優しく、野菜を多くし、油を控えた薄めの味付けです。またスイーツにも力を入れていて、中華のお菓子からパフェまでご用意しています。それから中国茶は沢山の種類を揃えています。皆さんになじみ深いウーロン茶でも、緑色のものから黒いもの、さわやかな味から燻した苦味のあるものまで、たくさんあります。当店では、1人用のガラスのポットに、茶葉をいれて、ポットを添えてお出しします。1煎目は、主に香りが高く、2煎目からは味が深まり、4煎くらい違いを楽しんで頂けます。
 奥には坪庭もあり、6名様で使っていただける個室を用意しています。また、メインルームでは40〜60人程度のパーティーにも使っていただけます。
 私の祖父は山東省の出身で大阪に出て中華料理店を始め、今は父が継いでいます。私は大学の時から青春時代を京都で過ごし、京都が大好きなので自分の店は京都に出したいとずっと思っていました。
柳華:http://chinacafe-ryuka.jp/


■□■ 会員紹介 ■□■
無我夢中で駆け抜けた20年
(株)ナイスメンテ 代表取締役  
青年部会 研修担当 原田 孝毅さん

harada.jpg 会社を経営して20年。20歳の時にボクシングのプロテストに合格し、ボクシングをしながらできる仕事としてマンションの「掃除」を始めました。ある時水道の修理を頼まれ断ると、それではもう掃除の仕事も頼めないと言われ、慌ててホームセンターへ行き、直し方を調べて修理しました。電気工事士の願書提出期限に間に合わなくて、翌日締め切りの2級建築士の願書を出し、資格を取ってからリフォーム業も手掛けるようになりました。壁紙も初めての時は、1部屋貼るのに1週間もかかり、やり直す内にきれいに貼れました。結果的にやってやれなかったことはありません。これからも挑戦するべきことは挑んでいきたいですね。





☆本日の担当:内藤郁子
posted by 京都府建築士会 at 19:26| Comment(0) | 建築・まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。