『きょうと・人・まち・であいもん』
番組ブログ第3弾!


〜2009年11月の番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧ください
☆ http://kyoto-hitomachi.seesaa.net/

〜2012年12月の番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧ください
☆ http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/

2013年05月05日

2013年5月4日放送 粟田学区・空家が発生しない魅力的なまちづくり

△▼△5月は「粟田学区のまちづくり」をピックアップ△▼△

ゲスト:赤ア建築研究所
    まちづくり大学教授
    赤ア 盛久さん

akasaki.jpg 粟田学区(東山区)には、現在100戸以上の空家があります。この地域で住宅や店舗を探している方は多いのですが、市場に出ていない空家が大半です。相続問題で所有権が分散していて複雑だとか、建物が古くて補修するには資金はないけれど先祖代々の家だから売りたくはないとか、昔の借家法でいい経験がないので貸したくない、道路が狭く建替えが不可能などさまざまな理由があります。
 そのような空家を例えばゲストハウスやシェアハウスなどで再生できないかということで、今までと違ったかたちでより価値のあるものにして再利用する提案をしています。
 「空家をなくす・再生する」というのはあくまでも対症療法であり、根本的には「空家が発生しない」ために魅力的な「まち」にすることが大切です。もともと粟田学区は白川あるいは東海道沿いにできた集落で、白川を中心に地域のみんなの心をまとめる意図でまちづくりが始まっています。白川がきれいな理由は我々の先輩が寒い冬も川に入って掃除をしていたからで、その意志を継ぐ「白川を創る会」を自治連が中心になってつくりました。「創る会」というのは「守る会」ではなく更に価値をつけるという意味があります。住民の方の全員にアンケートをしたところ、9割の方が白川に関心を持っていることがわかりました。
 ここには、京都で一番古い道標や近代的な水車を利用した施設の跡もあります。それらを整備して新しい散策路として、三条や祇園から岡ア公園あたりまで歩いてもらえるような地域にできたらなとみんなで話し合っています。今年の試みとしては白川全体の過去と現在と将来のジオラマを作って、この町をどうすべきかを話し合っていきたいと思っています。まちづくりは住民の方が中心になってすることが一番だと思います。


★☆★ 教えてスペシャリストさん ★☆★
「断熱の役割について」
有限会社 巧人舎 代表取締役 大田 勝さん

ohta.jpg 「巧人舎」 という社名は、専門分野に特化した建築屋として、地元の方にイメージしてもらいやすいようにと付けました。従来からの木造や鉄骨造建物の外壁工事に加えて、現在では各種断熱工事に注力しています。施主様に建物に合った断熱方法を提案して、自社で施工までを行う、京都市内では唯一断熱に特化している事業者です。
 エコポイントなど環境への意識の高い方にお奨めするのは、色々な種類の断熱材を組み合せて建物全体をすっぽりと包むような、経済的でトータルな断熱方法です。国としても、CO2排出量削減やエネルギー消費低減の必要性から、2020年に向けて新しい基準をつくり、省エネ住宅や低炭素住宅の建設を推めています。わが社ではいち早くその動きに向けた提案をしています。
 断熱には、外側からの対策と内側からの対策の2つがあります。外側は建物を覆う方法ですし、内側は建物にできたスキマを埋める方法です。スキマがあると断熱効果が生まれないばかりか、結露などの原因にもなり、構造体を傷めることにもなりかねません。また、夏が蒸し暑く冬に底冷えのする伝統的な京町家でも、適材適所の断熱を提案しています。畳の下地の床断熱などをしっかりすれば、随分と快適に住まうこともできるようになります。





☆本日の担当:中村真由美



posted by 京都府建築士会 at 14:06| Comment(0) | 建築・まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。